バスケットが新しい時代を迎えます。何とかプロのリーグが適い、徐々に益々気分が期待できそう。ただ今のままではちょこっと不安な誘因が存在します。

とうとう日本のバスケットも本格的な達人化となりましたね。
これまでの全国バスケット界といえば、大人リーグと達人リーグが別に混在していた状態で、
しかも達人リーグの方に優秀な人材が集まらないというステップでした。

当時のバスケットリーグも頑張って醍醐味を出そうという努力していましたが、
バスケットリーグが大好きな気違いからすると一般人の全国バスケットリーグの方が試合は面白く、
どっか無理矢理に盛り上げていた気がします。
管理も厳しく、アスリート収入も上位のプレイヤー以外はビジネスマン通常であるという事もあり、
達人としての望みがそこにはなかった様な気がします。
今期、新リーグとして、こういうダブルが化合したBリーグが開業しましたが、もちろんはソフトバンクがスポンサーに名乗り出ただけの事もあり、これまで見たことがなかったバスケットの地上波プラン。
しかもゴールデン。
次世代マネジメント、普通俳優の列席など。
これまで徹頭徹尾陽の視線を見なかったバスケットがそんな状況になり、
逆に違和感すら覚えてしまいました。
何かアスリートからもやって決めるという意欲を感じる試合だったとも見えました。
今の状態はバスケットをプレイするティーンズ陣に多彩望みという希望を届けることが出来る実態へって様変わりしたように見える。
こういったスタートプレイヤーの試合を身近で受取るため開設もするでしょうし、soccerの様に以下体制なども出来てくれば、
日本のバスケットが各国という対等に張り合えるようになる日もそんなふうに遠くはないかもしれませんね。ノブACアクティブガイド